何ですか掲示板
1114311
 
名前
タイトル
メッセージ
 
 
  サーバトップ サイトトップ レギュラー板 投稿内容修正 管理人へ連絡    

 
7517 同義 はくぶん 2020-01-23 00:48:33
信ずるという事は、事実そうであるから、それと信ずるのではない。
そうであることは信ずるも何もない。もうすでにそうである。
本当に信ずれば、そうなるのであり、必ず信じた通りにさせるのである。

                              丸山敏雄


この心あながちに切なるもの、とげずと云う事なきなり。

                        道元


意志あるところに道は開ける。

        エブラハム・リンカーン


今日はもうシャワーを浴びた。
22時台にシャワーを浴びて、いつでも寝る体制が出来ているなど、何年振りだろう。
別に明日は休みではない。
しかし、仕事に行く前に、行くべきところがある。

行く前に、ワクワクするような楽しみがあるわけではない。
しかし、終わった後、来て良かったと思う。
明日もそんな朝になることを願っている。
メッセージ文字数:365/389
 
7516 独り言 はくぶん 2020-01-19 13:04:58
人間は内面が変われば、外側も変わる。
そして、外見を変えれば、内側も変わる。
内と外は双方向に繋がっている。

風神と雷神。
その間に挟まれた人たち。
その二神に見守られる幸せな人たち。

充実感とは、自分を使い切った時に感じる心地良い疲労感ではないだろうか。
トイレを使った後、トイレ掃除をした後は、トイレの蓋は閉めておいた方がいいようだ。

さて、買い物に行って来るとしよう。
メッセージ文字数:179/190
 
7515 人の気持ち はくぶん 2020-01-16 03:28:26
人の気持ちなど分からないのが当然だと思っていた。
しかし、実は他人に興味がないので、敢えて知ろうとしないだけだと分かった。

知ろうとすれば、そんなに難しいことではない。
よく見て、よく聞きさえすれば、相手の気持ちは段々分かって来る。
人の気持ちなど、そんなに色々違うものではない。

声にならない声を聞く。
他人が見えれば、人生は変わる。
メッセージ文字数:162/170
 
7514 真夜中の独り言 はくぶん 2020-01-14 01:14:01
ああ、こいつなら、この金使ったって惜しくないな。
けちだのせこいだのと言う前に、そんな風に俺に思わせてみろよ。
お前だと、この金が勿体無くて仕方ないんだよ。

人が多ければ多いほど、それは誰もいないという状態に近付いていく。
人は一人でいる時に孤独を感じるんじゃない。
大勢の中にいるのに、誰とも心が通じない。
問いかけても、誰も答えない。
そんな時、まるで砂漠に一人取り残されたような、絶望的な孤独を感じるのだ。

時が変わると、こんなにも容易く幸運を手に入れることが出来るのか。
あの時、どんなに必死に追いかけても、触れることすら出来なかったのに。


明日は雨が降るようだ。
メッセージ文字数:276/290
 
7513 思った通りに はくぶん 2020-01-10 02:40:24
俺が言った通りになっていく。
俺が描いた通りになっていく。
俺が決めた通りになっていく。
そんな不思議な体験をしている。
俺に初めての体験をしている。

しかし、これが本来の俺だったのかもしれない。
彼らがいつも言っていた言葉。
俺が何度も聞いて来た言葉。
「君はそれに気が付いてないだけ」

小さな両親が小さな箱に押し込めた、俺の真の姿。
その封印がこれから解けていくのを予感する。
今までにも兆候はあった。
しかし、俺はそれと気付かなかった。
付き合う相手も平凡過ぎた。
だから、誰にも見えなかった。

二人の預言者が口を揃えて予告した俺の未来。
そうなる以外にあり得ない道を、俺は今歩いている。
その向こうにある果てしない大海原を聞くために、俺は先達の海に飛び込んで行く。
そして、そこでも必ず俺は、俺の描いた通りになっていくだろう。
人生は良くも悪くも、自分の思った通りにしかならない。

心が先、現実は後。
メッセージ文字数:384/408
 
7512 暖かい朝に はくぶん 2020-01-08 07:49:18
昨日は、この冬で一番寒かったんじゃないだろうか。
そして、今日は、この冬で一番暖かい日のような気がする。

暖かいと感じるほど暖かい朝。
そして予想最高気温が16℃。
春先の気温である。

雨の日は暖かい。
雨が大嫌いだった俺が、少し雨が気にならなくなった。
メッセージ文字数:121/129
 
7511 心が先、現実が後 はくぶん 2020-01-06 01:42:49
心が先、現実が後。
この考え方は、心を楽にする。
たとえ今は悲惨な現実の中にあっても、自分の信念さえ変わらなければ、現実は信念の通り後から付いて来る。
そう言っているのである。

9回裏、逆転サヨナラ満塁ホームランを放ち、チームを勝利に導き、ヒーローインタビューのお立ち台に立とうとも、その時の打撃フォームが崩れていたら、喜んではいけないのである。
逆に自分の理想の打撃フォームで打てたなら、たとえショートライナーで凡退に終わろうと、それでいいのである。

自分の心が、今ある現実に左右されてはいけない。
あくまで自分の心が、未来の現実を左右するのである。

世の中には幸福も不幸もない。
ただ、考え方でどうにでもなるのだ。
シェイクスピアの言葉である。
最後の「どうにでもなるのだ」は「どうにでも感じられるのだ」ではなく「どうにでも変えていけるのだ」と捉えた方がいいかもしれない。
メッセージ文字数:377/391
 
7510 総量の分配 はくぶん 2020-01-03 15:51:31
こちらが多くを語ると、相手は少なくしか語らない。
こちらが少なく語ると、相手は多くを語り始める。

総量が決まっているわけではない。
しかし、お互い無意識に総量を意識している。

話すときは自然とこれが出来ている。
書くとき、如何にこちらの量を減らして、相手の量を増やすか。
それが今年の課題だろう。
メッセージ文字数:142/150
 
7509 2020年元日 はくぶん 2020-01-01 00:26:41
明けましておめでとうございます。

さっき、風呂に入りました。
2019年の垢を全て洗い流しました。
リフレッシュした気分で2020年を迎えることが出来ました。

これから初詣に行って来ようと思います。
毎年のように、お守りを二つ買い、願い串に願い事を書く。
今年もそれはやって来ようと思います。

毎年のように言っている事が一つあります。
今年は新しい何かが起こる気がする。
しかし、今年はそんな気は全くしません。
なぜなら、新しい何かを始めるからです。
そして、今年はこう言っておこうと思います。
今年は新しい何かを始めるまで、何も言わない、と。

2020年も宜しくお願いします。
メッセージ文字数:276/293
 
7508 大晦日 はくぶん 2019-12-31 11:22:29
2019年大晦日。
今日の予定は大掃除の最後の三分の一。
そして買い物に行く。

夜になったら風呂入って、年が明けたら初詣。
それで2019年にさようなら。

あと12時間半。
どん底の4〜5年が終わり、来年から過去最高の人生が始まる。
全てがそう物語っている。
メッセージ文字数:122/131
 
7507 三つじゃなくて二つで はくぶん 2019-12-29 16:37:56
人を選ぶ備忘録

好きなものが同じより、嫌いなものが同じ相手の方が上手くいく

助けてもらった相手より、助けた相手を好きになる

三つじゃないと、自分としてはしっくりこないのだが、これしかなかったので、違和感を感じながらも二つで。

これも今までと違うパターンを試すという趣旨には合致している。
無理にもう一つを探さないという意味でも、今までと違う。
とりあえず、今までと違うことを積み重ねていって、今までと違う未来を作る。

あと2日と7時間ほどで2019年は終わる。
メッセージ文字数:223/235
 
7506 年末年始休暇初日 はくぶん 2019-12-28 14:37:25
予想最高気温、今日は10℃、明日は12℃。
東京のデータでは、どちらも大体12月の平均的な最高気温のようだ。
東京は大阪より気温が若干低めなので、大阪としては、今日はやや寒いといったところだろうか。

今日から年末年始休暇。
しなければならない事は少ないながらも、無いわけではない。
しかし、それ以上に、する必要は無いが、やろうと思っている事は多い。
来年からそんな人生にするべく、年末から助走的に行っている。

今日くらいは完全休養日にしたかったが、これからいくつか用をこなす。
そうやって先ずは自分の日常を変えていく。
メッセージ文字数:251/261
 
7505 ふと書いてみた はくぶん 2019-12-26 20:43:52
明日が仕事納め。
2019年もあと5日程で終わる。

トンネルを抜けた来年から、俺の人生は劇的に変わる。
今までと違う人生を歩んで行こうと思っている。
いや、もう歩み始めている。
今までの人生に無かったパターンばかり。

行き詰まったら逆が真。
感じ方を変えれば人生は変わる。
心は話した言葉で作られる。

冬でも雨の日は暖かい。
メッセージ文字数:153/165
 
7504 現象と心の備忘録 はくぶん 2019-12-24 13:37:54
備忘録として書いておく。

仕事の出来ない人間は、仕事が嫌いだからである。

女にモテない男は、女と付き合うことが苦手だからである。

金の貯まらない人間は、金を稼ぐことが嫌いだからである。

現象は全て、心から来ている。
心を変えれば、現象は変わる。
メッセージ文字数:117/126
 
7503 ジャンカラ はくぶん 2019-12-22 14:42:28
昨日久し振りにジャンカラで歌って来た。
昨日は鶴橋駅前店。

週末料金、年末料金、クーポン無し。
いつもと比べると、別店かと思うくらい高かった。

いつもなら半額クーポン使って、3時間で一人700〜800円程度である。
しかし、昨日は同じ3時間で一人2000円超。

半額クーポンの無い日にジャンカラを利用するのは止めよう。
ジャンカラを選ぶ意味がない。
メッセージ文字数:167/177
 
7502 電車の中で はくぶん 2019-12-20 19:25:26
なぜ俺なんだよ。
ダメ人間の決まり文句である。
なぜ俺じゃないんだよ。
本物はこういう発想をする。

身体は食べた物で作られる。
だったら、日本にいるのがいいだろう。
心は話した言葉で作られる。
だったら、日本にいてはダメだ。

自己啓発セミナー講師の言っている内容は、皆同じだ。
しかし、彼らが決して言わない、最も大事なことがある。
それは、明日、具体的に何をすればいいかである。
それを言わないから、皆、自己啓発を始めない。
メッセージ文字数:201/214
 
7501 出勤前に はくぶん 2019-12-19 08:29:02
昨夜は寒かった。
昼間は割りと暖かかったが、夜は暖房を入れないと居られない程だった。

しかし、室温を見ると、実はそうでもなかったようだ。
ただ、眠くて、体温が下がっていただけのようだ。
風呂から上がったのと逆の状態。

さっきシャワーを浴びて、今はシャツ一枚で座っている。
シャワーを浴びる前は、こんな格好で数秒も座っていることなど出来なかっただろう。
人間の感覚がいかに相対的かということが分かる。

さて、洗濯が終わったようだ。
メッセージ文字数:206/217
 
7500 行き詰まったら、逆が真 はくぶん 2019-12-13 21:57:48
「行き詰まったら、逆が真」
ある社会心理学者の言葉である。
普段やっている事が、自分にとっては間違いだから行き詰まる。
自分には合っていないから、行き詰まってしまう。
だから、行き詰まったら、普段の逆をやってみること。
それが自分にとっての真である、と言っている。

まさに、その通りだと思う。
理屈としては、何の異論もない。
しかし、実践してみようと思うと、一つの疑問にぶち当たる。

逆って何だよ?

逆が何であるのか具体的に分からなければ、行動に移すことは出来ない。
逆を行う前に、逆が何であるか分かる必要があるが、それが難しいのである。
実際、何か上手く行かないことがあった時、逆は何なのかをずっと考えて来た。
しかし、いつも明確な逆は思い付かないのである。

最近、こう考えるようになった。
逆かどうかは分からなくてもいいから、とにかく今までやったことのないパターンを試してみればいいんだ、と。
今までの自分なら絶対に選択しなかった方を、敢えて選択してみればいいんだ、と。
そして、それがたとえ逆じゃなかったとしても、本当の逆を知るヒントになるだろう、と。
そもそも逆を試したことがないのだから、頭で考えても何も浮かんでは来ないだろう、と。

北の逆は南。
上の逆は下。
しかし、人生はそんなに単純なものじゃない。
もしかしたら、逆は一つじゃないかもしれない。
色んな方向に逆があるのかもしれない。
そして、その全ての逆を試していく内に、自分にとって本当に上手くいく真の逆に巡り合えるかもしれない。

逆が分かるまで何も試さないのでは、いつまで経っても、何も始められない。
試していく中で、いつか逆が分かるようになればいい。
そしてその頃には、多分人生は自分の思った通りになっているのだろう。

「行き詰まったら、とにかく今までやったこともない事をやってみろ」
そう言い換えて、初めてこの言葉を人生に役立てるものにすることが出来たような気がする。
メッセージ文字数:792/828
 
7499 最も寒い時期を越えて はくぶん 2019-12-09 23:36:45
今日は先週より若干暖かかったのに、職場は先週より寒くなった。
エアコンの設定温度を下げたわけじゃないだろう。
確実に真冬に向かっているということだろう。

一年で最も寒い時期は、1月下旬から2月上旬。
もう1ヶ月半もすると、その時期がやって来る。

今夜は部屋にエアコンを入れなくても寒くない。
しかし、いつ急にエアコンが必要になるかもしれない。
今年は暖冬という予想もあったが、果たしてどうだろうか。

ある占い師に、どん底と言われた4、5年が、あと3週間で終わる。
そして、その後に人生最高の時期がやって来るらしい。
その前に、一年で最も寒い時期を迎える。

そんな事を考えていると、大学受験の時に、何かで読んだこの一文が浮かんで来た。
18歳の頃の懐かしい一文。

春を待つ心は、嵐を待つ心だ。
メッセージ文字数:332/350
 
7498 今日やろうと思っていた事 はくぶん 2019-12-06 01:01:43
別に今日やらなくても何も支障はない。
ただ自分で今日やろうと決めただけ。
それが明日になったとしても、何も支障はない。

それを単なる事柄として捉えるなら、確かにそうである。
しかし、自分が今日やると決めた事を、今日しなかったという何かが心に残る。
それはまるで毎日ちょっとずつ毒物を摂取しているようなものである。

今日やると決めたのなら、今日やればいい。
どうしても出来ない事情でもない限り、今日やればいい。
大体、どうしても出来ない事情など、そんなに簡単に湧いて来ないのだから。

今日やろうと思っていた事を、今日しなかった時期があった。
段々何もしなくなっていく自分になっていった。
一般ピープルの真似をしてグレードの下がった自分を、今年改めた。

今日やろうと思っていた事は、全て滞りなく終わらせた。
ついでに、今日やろうと思っていなかった事まで終わらせた。
来年やろうと思っていた事まで、今日終わらせてしまう時が、いつか来ることを期待して。

明日の最高気温は10℃までしかいかないようだ。
メッセージ文字数:431/451
 
 
  Page: 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77 78 79 80 81 82 83 84 85 86 87 88 89 90 91 92 93 94 95 96 97 98 99 100 101 102 103 104 105 106 107 108 109 110 111 112 113 114 115 116 117 118 119 120 121 122 123 124 125 126 127 128 129 130 131 132 133 134 135 136 137 138 139 140 141 142 143 144 145 146 147 148 149 150 151 152 153 154 155 156 157 158 159 160 161 162 163 164 165 166 167 168 169 170 171 172 173 174 175 176 177 178 179 180 181 182 183 184 185 186 187 188 189 190 191 192 193 194 195 196 197 198 199 200 201 202 203 204 205 206 207 208 209 210 211 212 213 214 215 216 217 218 219 220 221 222 223 224 225 226 227 228 229 230 231 232 233 234 235 236 237 238 239 240 241 242 243 244 245 246 247 248 249 250 251 252 253 254 255 256 257 258 259 260 261 262 263 264 265 266 267 268 269 270 271 272 273 274 275 276 277 278 279 280 281 282 283 284 285 286 287 288 289 290 291 292 293 294 295 296 297 298 299 300 301 302 303 304 305 306 307 308 309 310 311 312 313 314 315 316 317 318 319 320 321 322 323 324 325 326 327 328 329 330 331 332 333 334 335 336 337 338 339 340 341 342 343 344 345 346 347 348 349 350 351 352 353 354 355 356 357 358 359 360 361 362 363 364 365 366 367 368 369 370 371 372 373 374 375 376 377 378 379 380 381 382  

CGI Scripted by hakubun